• HOME
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 会社概要
  • お問い合せ
  • サイトマップ
  • 資料を請求する

クーポンコード : rmcp_0150

クーポンコード : rmcp_1500

クーポンコード : rmcp_3000

HOME  >  香典返しの知識とマナー

法人様の福利厚生・新規会員様紹介特典など、一度に多めのご注文はこちら
結婚式場への持ち込み料をラムビットが最大500円負担します 一箇所への一括納品なら20〜25%OFF 引き出物を自宅に
お中元にまよったら グルメ専用カタログギフト
お中元のオススメはやっぱり そうめん
  • ログイン
  • マイページ
  • カートを確認する
  • 会員登録してお買い物をするとポイントがたまります!
  • 新規会員登録(無料)

キーワードから選ぶ

価格帯で絞り込み
円〜

商品カテゴリー

ご利用ガイド

香典返しの知識とマナー

香典返しについてご説明いたします。

香典返しとは?

一般的に四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)法要を迎えた後に、お礼の品物を贈ることを 言います。
また近年都市部を中心に増えているのが「当日返し」といわれるもので 、葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律の品物をお返しすることを言います。(即日 返し・その場返しとも呼ばれます)当日の香典帳整理や葬儀後に手間がかからないこと から、行う方が多くなっているようです。

香典返しの目安

香典返しの目安は「半返し」なども言われますが、いただいた金額の3割〜5割相当 の品物を返すことが多いようです。
香典の額には差がありますが、ご親族の方などから 高額の香典をいただいた場合お付き合いの程度により変わりますが、3割〜5割の金額 にこだわらず少なくお返ししても失礼にはならないようです。

HOMEに戻る

ページの先頭へ